レギュラーシャツについて

レギュラーシャツについて

レギュラーシャツとは?

男性がビジネスシーンで着用する襟付きの長袖シャツ全般のことをドレスシャツと言われているのをご存知ですか?ドレスシャツの定義としては、普段私達がプライベートなシーンで着用するものをカジュアルシャツ、仕事等の公な場で着用するワイシャツの事をドレスシャツと呼んでいます。ドレスシャツにはいくつかデザインに種類があって、その中の一つに”レギュラーシャツ”があります。レギュラーシャツは、形が一番スタンダードで場所を選ばずに様々なシーンで活用出来る形のタイプのデザインになっています。
 

【レギュラーシャツの定義】

シャツの襟の長さがポイントになっています!
・喉元~襟の先端が70~75ミリ
・襟の開きの角度が75~90度
・襟足の高さが30~38ミリ            
これがレギュラーシャツの定義です。
 

【レギュラーシャツのデザイン】

シャツの中でも、最も幅広く認識されている襟の形が”レギュラーシャツ”です。シャツの襟の長さや開きが標準的につくられており、活用の幅が広く、ビジネスシーンから冠婚葬祭等のフォーマルシーンに至るまで活用されています。襟の長さや開きのスタンダードなデザインは時代によって変化もしていますが、TPOを選ばずに色々な場面に活用可能で、どんなジャケット、ネクタイとも組み合わせる事ができる形とデザインになっています。
 
※厳密にドレスシャツでは無いもの
【ネクタイ無しで着用するシャツ】
・ボタンダウンシャツ
・スタンドカラーシャツ
・色や柄の入ったシャツ
厳密には、このようなシャツはドレスシャツとは言いません。知識として知っておくとお買い物をする時に便利です。
 
では、実際にシャツを購入するとなった時、皆さんはちゃんとその場にあったシャツを選べているでしょうか。良く分かっておらず、なんとなくこれで良いかなと思ったものを選んで、それをビジネスシーンの場や冠婚葬祭などの場で着用してしまってはいませんか?誤ったものを着用していたら恥ずかしいですよね。そうならないためにも、しっかりシャツを選ぶ時に押えておきたいポイントを知っておきましょう。
 

おすすめの商品

洗濯後干しておくだけでシワが伸びるのでお手入れがとっても簡単です!
カラーはホワイト・ピンク・ブルーの三色展開となっています。